スタートラインボクシングジムのコンセプト

いろんな目的でボクシングを始めてほしい。


スタートラインは、目的不問です。

現在、次のような目的で色んな会員さんがボクシングをしておられます。
・訛っている体を鍛えて、体力をつけたい。
・遊んで食べて寝てばかりの毎日から脱却したい。
・ボクシングを身につけながら、ダイエットしたい。
・型中心の空手などよりも、実践的なボクシングを習いたい(習わせたい)。
・集中力・忍耐力・不とう不屈の精神を養って欲しい。。
・漫画(はじめの一歩)を読んで興味を持ち、で自分もやりたくなった。
・将来はプロボクサーになりたい。
・ボクシングを見るのは好きだったけど、実際にやるのは敷居が高いと思っていた。
・若い頃にやっていたボクシングをおじさんになってもやりたくなった。

細く、長く、ボクシングを続けて欲しい。

ボクシングは突き詰めれば詰めるほど、奥の深いスポーツですので、数か月で上級者になれるような
ものではありませんし、上達 → 壁 → 突破 → 上達 → 壁 → 突破 の繰り返しです。
壁が立ち塞がった時にも、あきらめずに、コツコツと練習を続けていって欲しいと思います。
当ジムはチケット制(子供を除く)ですので、仕事やプライベートなど、ボクシング以外のことで
忙しくなって、数週間、数か月練習に来れなったとしても、いつでも復帰してもらってオッケーです。
ぜひ、細く、長く、文字通り年月を掛けてボクシングを楽しんで欲しいと思います。

全員にボクシングの基礎からみっちり指導します。

どのような目的で入会された会員さんであっても、ボクシングが上手くなりたいという気持ちは同じです。
ですので、まずは全員に同じようにボクシングの基本を習得して頂いています。
基本がしっかりできるようになってからは、会員さんそれぞれのニーズに合った内容で指導していきます。

大前提は、「安全」「安心」です。

<マスボクシングについて>
当ジムのマスボクシングは、いわゆる「寸止め」でのスパーリングです。
相手にパンチを当ててはいけないというのが当ジムのマスボクシングの鉄則です。

<スパーリングについて>
当ジムでは、殆どの会員さんが、軽目のスパーリングができるレベルまで到達しますが、
スパーリングするかどうかは、あくまで、ご本人の意思にお任せしています。

当ジムのスパーリングは、どちらか一方がもう一方を、一方的にボコボコにするような状況には
絶対にしません。マッチングには極力気を使い、次のような状況でスパーリングしています。

・なるべくレベルが同じくらいの対戦にする。
・レベルが明らかに違う場合は、レベルが上の会員さんのパンチの種類に制限を付ける(ジャブだけなど)。
・レベル差があっても体重差を加味して、とちらもダメージがないような組み合わせにする。
・ディフェンス力が不十分な会員さん同士では、ジャブだけや、リードパンチ限定にする。
・レベル差や体重差が明白な場合は、優位な会員さんに適度に加減をしならがやってもらう。

他のジムで、一方的にボコボコにされて、それがトラウマになったというような知り合いの話も
何度か耳にしたことがありますし、私も他のジムでそのような光景を目の当たりにしたこともあります。
当ジムでは、絶対に、そのようなスパーリングは行いませんので、ご安心ください。

小・中学生は、成績表をつけています。

小・中学生はまだまだ、人間としての成長の途中です。特に集中力と忍耐力が大人にくらべて
備わっていませんので、当ジムでは、ボクシングの技術だけはなく、挨拶やジム内での振る舞い
について、一人ひとりのお子様に目を配って、日々の成績を細かくつけています。
ジム内では、日々成績表を掲示し、自分のどこが悪くどこが良いのかを認識してもらっています。
成績はインターネットからも確認できるので、ぜひ、保護者の方も一緒になってお子様の成績をチェクし、
叱ったり、褒めてあげたりしてください。

ご意見やご質問がありましたらお気軽に、こちらへメールしてください。

電話でのご質問も大歓迎です!→ 080-4390-9282